勉強したくない時に試したい!やる気が続く3つのテクニックを紹介!

勉強しなきゃいけないけど、全然やる気が出ない

というように、誰もが勉強したくない時はあります。

テスト勉強や受験勉強しないといけないのはわかっていても、なかなか体がついてきてくれませんよね。
僕も勉強しなきゃと思いながら

  • Youtubeをぼーっと見る。
  • 横になってゴロゴロしながら携帯触る。

ってことは何度もあります。

でもやる気がなくても、工夫次第でいくらでも勉強時間を増やす事ができます。

今回は「勉強したくない時に、やる気を出す方法」について話します。
自分で実践して、勉強へのやる気を上げてください。

この記事の内容

  • 勉強のやる気を高める方法を紹介。

この記事を読むメリット

  • 勉強のやる気が出て、勉強時間が増える。
  • またやる気がなくなっても、すぐやる気を回復できる。

勉強したくない時は、心がネガテイブな状態になってる。


部活や勉強で疲れたり、ストレスがかかると勉強なんてしたくなくなります。

気持ちがネガテイブになると、何に対しても否定的な気持ちになりますよね。
勉強しなきゃとわかっていても、考えるだけでしんどくなります。

だから

勉強したくないよー

ってなるのは仕方がないのです。

まずはそのネガテイブな状態から立ち直らないといけません。
疲れを取るために「勉強疲れを癒すリフレッシュ方法」の記事を読んでください。

勉強したくない時は、

  • どうせ勉強しても意味ない。
  • 成績なんて上がらない。

という気持ちになります。
余計なことをたくさん考えてしまいますね。

でも気持ちがポジティブな時は、そんなことわざわざ考えません。

まぁやるしかないでしょ!
と思えます。

だから勉強したくない時は、

  • まず休む。
  • ポジティブな気分に変える。

このどちらかです。

疲れすぎてる場合は、「勉強疲れを癒すリフレッシュ方法」を読んでください。

次に気分をポジティブに変える方法を紹介します。

気分をポジティブに変え、勉強のやる気をアップさせる3つの方法。


気分を上げて勉強のやる気を高めるために、必要な3つの方法を紹介します。

普段から自分の気分を上げることを意識してやってると、勉強の集中力が上がります。

①目標点や志望校を決め、それを達成した自分を想像する。


やる気に関して考えた時に、避けて通れないのが目標です。
第一に目標を決めないと、やる気になれません。

「自分はさせられてる」って強く思ってしまうからです。
どんなに面白いことでも、させられてると思うとやる気が起こりません。

目標を決めて、それを達成した時の自分を想像しましょう。

目標を決めるだけでは効果は薄いです。
その目標にリアリティを感じないから、やる気にはつながりません。

その目標を達成したら

  • 自分はどれくらい喜んでいるか?
  • 誰に自慢したいか?
  • 誰に褒めて欲しいか?

ここまで考えると、目標を身近に感じれるのでやる気になれます。

気分がいい状態のことを考えると、誰でもポジティブになってきます。

  • 英語のテストで〇〇点取る。
  • 〇〇高校、〇〇大学に合格する。

っていう目標を設定したら、それを達成した時の気分や周りの反応まで考えましょう。

目標は英語のテストで80点以上取る。

達成できたら、苦手な英語だから80点取れてめちゃくちゃ嬉しい。
塾に行かせてくれた親にも感謝だし、褒めてもらえる。

一生懸命教えてくれた塾の〇〇先生にも自慢しよう!
絶対喜んでくれるはず!他のテストも点数取るために頑張ろう!

この文章を作ってる僕自身もうれしくなってきました。

ここまで想像すると、嬉しい気持ちがこみあがってきます。
目標設定だけでなく、達成した時の気分や周りの反応もセットで考えましょう。

気分がポジティブになれます。

②最低限の勉強目標を決め、達成したら自分を褒める。

また目標かよ、、、

と思うかもしれませんが、これは今日やる目標なので20秒あれば決められます。

「最低限これだけはやろう!」と思う今日やる目標を決めてください。

1つの教科でいいですし、何時間もかかるような目標にしなくていいです。

「これなら絶対に達成できる!」

と自信満々になれるほど簡単な目標にしましょう。

  • ワークを1ページだけやる。
  • 国語の教科書の文章を一回読む。
  • 数学の問題を3問解く。

このレベルで構いません。

絶対にできる!に決まってる!!!

って目標を立てて、それが達成できたら「俺(私)すごい!」ってちゃんと褒めてください。

大した目標じゃないのに自分を褒めるの?
と思うかもしれません。
勉強が苦手な人や嫌いな人ほど、自分に厳しすぎます。

  • これくらいできないから馬鹿なんだ。
  • これくらいできて当然。

なんて思ってます。
でもその自分への厳しさが、勉強を苦しめています。

人間は自信があることほど、積極的に取り組めます。

僕も「数学の勉強を教えて」と言われると「よっしゃまかせろ」とノリノリで教えます。

でも苦手な古典や社会を教えて。と言われると、「俺で大丈夫かな」と思って少し迷います。
他の先生がいれば、その先生に任せることもあるくらいです笑

勉強の自信なんてつかないって思ってる人でも、自分を褒めることで少しずつですが自信がつきます。
なにより嬉しい気分になります。

だから最低限の目標を作って、できたら「偉いぞ」とか「よく頑張ってるぞ」と褒めてください。
そうすればもっとやろうと思えるし、少しずつ自信になります。

③「ココで頑張れたら自分は最強!」と常に考える!


これは、

  • 勉強しようとするけど、なかなか始められない時。
  • 勉強を始めたものの、しんどくてやめたい時。

この2つのタイミングで使うと効果的です。

やり方はそのままです。
しんどくなったときに「ココで頑張れたら俺(私)最強!」と思うことです。

今鼻で笑いましたよね?

バカみたいなやり方ですが、ほんとに効果ありますよ。

ココで頑張れたら「偉い」でも「最高」でも「頑張り屋さん」でも何でもいいです。

個人的には「ココで頑張れたら俺最強!」って思うのが一番気合いが入ります。
厨二病と思われても仕方ありませんね笑

「ここで頑張れなかったら俺はクズだ!」

っていうのも試してみたんですけど、僕にはあまり効果はありませんでした。

「ココで頑張れたら俺(私)は〇〇」

この合言葉を、勉強が辛い時や辞めたい時に言ってみてください。
力がみなぎってくるはずです。

間違っても人がたくさんいるところでは、声に出して言わないようにしてください。笑

  • 目標点や志望校を決め、それを達成した自分を想像する。
  • 最低限の勉強目標を決め、達成したら自分を褒める。
  • 「ココで頑張れたら自分は最強!」と常に考える!

この3つの方法を取れば、気分がポジティブになり勉強のやる気がアップします。

この3つの方法はかなり効果があります。
それでも、うまくいかない場合はこちらの記事もどうぞ!

「勉強したくない」を即解決!やる気と集中力を高める方法を一挙紹介

テストの成績を上げるためには


テストの成績を上げるためには、勉強量と勉強の仕方の両方大事です。

勉強量を増やすためには、勉強を習慣にしてしまうことが一番です。
習慣にするには、

  • (ほぼ)毎日決まった時間にやること。
  • 5〜10分の休憩をこまめに入れる。

これだけでも勉強時間は伸びます。
25分勉強→5分休憩のポモドーロテクニックは、集中力の低い人でも続きやすいのでオススメです。

「勉強が続かないを即解決!」の記事で、いくつかテクニックをのせているので参考にしてください。

勉強のやり方に関しては、教科ごとに勉強法を細かくのせています。

教科ごとのテスト勉強方法の記事

自分が知りたい記事を押して読んでください。
英数は中高生どちらも使える内容で、それ以外は中学生専用の記事です!

 

勉強したくない時は、まずは休んで体力を回復させてください。
それから気分を上げる3つの方法を実践すれば、絶対やる気が出ます。

応援しています!