「高校の授業についていけない」を解決するためにあなたが今すべきこと

・高校に入ってから全然授業についていけない
・高校ですでに落ちこぼれていてどうしようもない。

って勉強に絶望する高校生に向けた記事です。

  • 真面目に授業受けてるのに成績がズルズル下がる。
  • 高校入ってから落ちこぼれてきた。

この状況の高校生が今すぐ何をすべきかを話していきます。

僕は高校に入ってから、「授業をテキトーに受けてたせいで」成績がガタ落ちしたろくでもない奴です。笑
でもそんなかつての僕がやっても効果のある方法を紹介します。

自分の成績に絶望して、勉強を諦めてしまう前にこの記事を読みましょう。
きちんと実践すれば、授業についていけるようになり成績を上げることは余裕です。

 

あなたが高校の授業についていけない原因


理由はただ一つです。
「授業以外の勉強時間が足りない」
からです。

高校の授業は、聞いて理解するのはかなり難しいです。
家に帰って復習(もしくは先に予習)したり、学校以外での勉強が必要になります。

中学と違って授業一回に進むスピードも早いし、先生もかなりざっくり説明します。

この先生授業めっちゃ下手やん

そう感じるのは、先生が丁寧に説明できないほど進めなきゃいけないページが多いからです。

 

高校の授業についていくためには、最低2時間の復習時間が必要


授業についていけてる人は、

  • 理解力がかなりあるタイプ(少数)
  • 学校以外の時間で勉強してる(大多数)

このどちらかです。

その人の理解力や要領の良さによって、必要な勉強時間は変わります。
ですが、最低でも毎日2時間は勉強時間は必要です。

たまーに授業を聞くだけでわかっちゃうなんて人もいますが、そんな人は本当に一握りです。
そんな天才的な奴を参考にしちゃいけません。

天才じゃないなら、普通の人でも出来る方法をやればいいだけです。

まずは2時間の復習から始めるべきです。

 

復習する時間がないって人は、携帯の電源を切れ!


高校生の大半は、ネットに時間を取られています。

内閣府の調査では、ネットを3時間以上利用する高校生は66.3%と言われてます。

これを見てるあなたも、3時間以上携帯やテレビやゲームに時間を取られてるはずです。
その中から2時間勉強に当てればいいんです。

方法は簡単です。携帯の電源を切るだけです。

僕は電源を切って、部屋の隅のクッションにぶん投げています。
これをするだけで携帯触る時間が圧倒的に減ります。

でも連絡しないといけない友達がいるから、、、

こうやって携帯を手放せない人から落ちこぼれていきます。

まずは携帯の電源を切りましょう。
出来ない人は親に預けてください。

 

授業についていけないなら、まず環境を変えよう!


授業についていけないのを変えたいなら、環境を変えることです。
人間は環境一つでめちゃくちゃ変わります。

  • 筋トレしたいならジムの会員になる。
  • ダイエットしたいなら、一緒に運動する友達や家族を作る。
  • 英語を話せるようになりたいなら、留学する。英会話始める。

こういう環境をガラッと変える行動を起こすことが手っ取り早いです。

めんどくさいって言ってたら一年後も同じ結果が待ってます。
「自分は何か行動を起こさなきゃいけない」と自覚することから始まります。

 

授業についていく方法①塾に通う


塾に通ってない人は、塾に通うのが一番手っ取り早い方法です。

  • 一緒に勉強する子がいるから、モチベーションが上がる。
  • 授業の予習や復習をする時間が、自動的に増える。
  • わからない所をすぐ解決できる。

もちろんお金のかかることで、親の説得が必要ですが一番効果的です。

家で自分でやるって、並の精神力では難しいです。
それは家で勉強したことのある誰もが知ってることです。

大人だって、仕事終わりに家で勉強しようとして怠けてしまうほどです。
人間の意思はそこまで強くないんです。

塾に通う上で、一番大事なのは

「自分で」何とかする意識を持つこと

塾の先生がなんとかしてくれるなんて思わないことです。

もちろんサポートはしてもらえますが、「自分でなんとかする意識」がない人は本当に伸びません。

僕も塾講師として生徒と接していて、

  • 塾に来れば成績がなんとかなると考えてる生徒

が来ると、正直な所「これは大変だな」って思います。
なぜなら他人をあてにする思考から変えないといけないからです。

逆に、

  • 塾とか関係なく自分がやらなくちゃいけないと考えてる生徒

が来ると、「勉強量を増やすだけでこの子は伸びる」と確信してるので楽です。

それくらい大きな差があるのです。

「塾という場を借りて、自分が何とかする!」

これくらいの気持ちで行きましょう。

塾に行くことはめんどくさいし、嫌なことかもしれません。
でもこれくらい大きく環境を変えないと、人は変わりません。

僕も勉強であまりいい思いはしてませんが、結果につながった瞬間は

  • 人見知りだけど、誰も知り合いのいない塾に入った時

とても怖かったし、すごく不安でしたが入ったことで勉強の意識が変わりました。
行動こそが人を変えます、悩むだけでは何も変わらなかったです。

覚悟が決まったけど、「どこに塾にすればいいかわからない…」って人はこちらの記事から。

絶対に失敗しない塾の選び方!子どもに合う塾を見つけるコツ教えます

 

すでに塾に通ってる人は、週に行く回数を増やしましょう。

週2で行ってるなら、週3、4にしましょう。
「いやそんなお金をかけられない」って人は自習で通いましょう。

塾の先生に「○曜日と○曜日は必ず自習に来て、頑張ります!」と宣言してください。

自習でも通ってはいけない所はないはずです。
今から必死に取り戻すなら、行ける日全部行ってください。

どれくらい本気で突っ込むかで、結果の出る早さは変わります。

 

授業についていく方法②自宅でビデオ受講する

塾に行きたいけど、お金が高いからと親に反対される。

そういう場合は、自宅でビデオ受講できるサービスがあります。

ビデオ受講であれば、塾に通うよりははるかに安い値段で出来ます。
自宅でやる分、サボりやすいっていうデメリットもあります。

だから塾に通うことを最初にオススメしました。

やる気があれば、ビデオ受講で十分です。
自宅でも出来る子であれば、こんなに便利なサービスはありません。

今回は大手のビデオ受講サービスにしぼって紹介します。

なぜなら大手が出してる所は、トップレベルにわかりやすい講師がついているからです。
人によっては、塾の先生よりもわかりやすいという人もいるほどです。

大手が出してるサービスは、この4つです。

わかりやすい授業を受けるなら、圧倒的にオススメはスタディサプリです。
一番安いコースなら月2000円あれば受けられますし、2週間無料体験もつきます。

何がいいって、高校生なら志望校を決めるだけでオススメのスケジュールが作られるからです。

そのスケジュールに従えば、自動的に復習も予習もこなせるのです。

授業は1本15分ほどなので受けられます。
どんなに忙しい人でも15分くらいは作れるはずです。

これであれば、先の単元の授業を受ければ予習になります。
すでに学校でやった所を学習すれば、復習になります。

つまり使い方一つで、予習も復習もこなすことができます。
すると、学校の授業の理解度もかなり変わってくるはずです。

さらには中学の内容も受けられるので、「中学から復習したい!」という要望にも答えられます。

スタディサプリについて知りたいからは、こちらの記事をどうぞ!

スタディサプリの口コミや評判まとめ!月1980円で塾より効果があるのか?

 

授業についていく方法③毎日自力で勉強時間を増やす。

最後の方法は、毎日復習の時間を作ることです。

これはかなりやる人の精神力にかかっています。
難易度★★★★★

鋼の精神力が必要です。
すぐ誘惑に負けてしまうタイプの人は、塾に行くかビデオ受講を受けることをオススメします。

すぐに誘惑に負けてしまう人で、スタディサプリに申し込むなら合格特訓コースをオススメします。

スタディサプリ個別指導コースの評判を紹介!9800円の価値はあるか?

どうしても家で自力で頑張りたい人は、勉強する際必ず携帯の電源を切りましょう。
これが守れない人は、120%挫折します。

やっぱ私には勉強向いてないわー
って言って諦める未来しか待ってません。

だから勉強中に携帯の電源を切るルールだけ守りましょう。これをやるだけで、勉強する時間が作りやすくなります。

その時間で復習すれば、授業についていけない状況から脱出できます。

勉強を毎日続けられるようにするための記事をのせておくので、必ず実践してください。

勉強が続かない悩みを即解決!誰でも楽に勉強を続けられる方法を紹介