塾に行かない?行くべき?塾なしで受験を乗り切れるかを徹底解説

  • 塾に行かないで学校の勉強についていけるのか?
  • 塾なしで受験を乗り切れるのか?

と気になりますよね?

今回は、「塾に行かないで受験を乗り切れるのか?」の疑問に答える記事になっています。
結論から言うと塾なしで受験に合格する方法はあります。

学力が元々高くない人でも、塾なしで志望校に受かる子はいます。
ただ個人差がかなりあります。

最初に塾に行くべき人と、塾なしでも大丈夫な人を見分ける質問を用意してるのでその質問に答えてください。
さらに塾なしで受験を乗り切る方法も紹介してるので、読んでいってください。

この記事を読み終えた時には、

  • 自分が塾に行くべきなのか
  • 塾に行かず、自宅でどう勉強すべきか

が完全に分かります。

 

そもそも塾なしで受験は大丈夫なのか?

塾なしで受験を乗り切れるのか?という疑問はよく寄せられます。

レベルの高い高校や大学に行く子の中には、「塾なんて行かなくても志望校に受かる」なんて言う人もいます。
一方で、「塾行かないと勉強しないから絶対塾は行くべき。」と言う人もいます。

塾講師の立場から言えば、

塾に行くかどうかは重要ではありません。

受験に合格するために必要なのは、勉強量です。

つまり、

  • 塾行かなくても勉強量を確保できるなら、塾に行かなくてもいい。
  • 塾に行った方が勉強量を確保できるなら、塾に行くべき。

ということです。

逆に言えば、勉強量が少ないなら塾に行っててもあんまり意味はないです。
今の時代は、塾でなくともスタディサプリ進研ゼミZ会など通信学習がたくさんあります。
こういったサービスで、自宅での演習量を増やすのも一つの手です。

いくら教え方がうまい優秀な先生に当たろうと、週に数回塾に行くだけで合格が保証されるわけではありません。

塾+家庭学習=志望校合格

これが鉄則です。覚えておいてください。

優秀な先生は、家で勉強させる!
僕が思う優秀な先生は、教え方が上手な先生ではなく家で勉強させられる先生です。
そんな先生にあたれば、塾に行って成績が伸びるでしょう。

あなたに塾が必要か判断するために、5つの質問に答えてください。
その結果次第で、塾が必要かそうでないかがわかります。

 

塾に行くべき人と行かなくても大丈夫な人を見分ける5つの質問

今から出す5つの質問、いくつ当てはまるか答えてください。

  • 当てはまる数が0〜1→塾なしでも大丈夫。
  • 当てはまる数が2〜3→塾に行った方が良い。
  • 当てはまる数が4〜5→塾か家庭教師が絶対必要!

ちなみに学生時代の僕は、3つ当てはまりました。
塾に行ってて正解でした笑

では、5つの質問をしていきます。
自分の直感で答えてくださいね。

□家ではほとんど勉強できない。

家で集中して勉強できない。
勉強始めても、すぐやめてしまう人のことですね。

 

□人に見られてないと、すぐ勉強をサボってしまう。

親や先生がいると勉強できるが、誰もいないとすぐ勉強をやめてしまうタイプの人です。

 

□自分で計画を立てて、計画通り進めるのが苦手だ。

テスト前に計画を立てて、やったことある人は多いと思います。
でもなかなか計画通りにいかない人のことです。

 

□いざという時、嫌なことから逃げてしまう

これは勉強に限らず、がんばらなきゃいけない時に手を抜いてしまったり、言い訳をしちゃう人のことです。

 

□5教科の中で、得意な科目が1つもない。

点数が取れるとか関係なく、得意だと思う教科が一つでもあるか考えてください。

 

質問にいくつ当てはまったかで塾に行くべきかわかります。

さっきの質問で、自分が何個当てはまったか確認してください。

  • 当てはまる数が0〜1→塾なしでも大丈夫。
  • 当てはまる数が2〜3→塾に行った方が良い。
  • 当てはまる数が4〜5→塾か家庭教師が絶対必要!

4,5個当てはまった人は、確実に塾に通った方がいいですね。
通信学習を利用しても、家だとどうしても怠けてしまうと思います。

もちろん0個の人や、1個しか当てはまらなかった人でも塾に行ってもらって大丈夫ですよ。
元々家で出来る子が塾に行けば、当然成績は上がりやすいですから。

塾にいつから通わせるべき?
いつから通わせるべきかは↓下の記事を読んでください。

塾はいつから行けば高得点をキープできる?塾講師が学年別に徹底解説

2020.03.01

では塾に行かず、自力で受験するためにどう勉強すべきかを話していきます。

 

塾に行かないで自力で受験を乗り越える方法

では塾に行かないで、自力で受験を制するためにはどうすればいいかを話します。

自力で受験で成功する人は、100人中数人いるかどうか

本当に自力で受験を乗り切れる人は、100人いても数人いるかどうかです。

自分の実力に合わせて志望校を決めたりすれば、それも可能です 。
ただ自分の実力より上の学校を志望する場合、自力で志望校合格をするのは難しいです。

最近の入試事情
最近は入試の形式も変わっており、正確な入試情報を手に入れることも受験対策の一つです。
自分で調べたり、最新の入試に合わせた対策を自力でするのは難易度が高いです。

塾に行くメリットとして

  • 入試情報を手に入れられる。
  • 勉強する仲間がいるから、モチベーションになる。
  • 受験勉強のやり方がわかる。

他にもありますが、これらのメリットは家では補えません。
だからこそ、自力でやるのが難しいのです。

だから個人的なオススメは、塾に行かないなら通信教材に申し込むことです。
大手でいうと、スタディサプリ進研ゼミZ会ですね。
理由は入試情報や受験勉強の方法を手に入れられるからです。

 

塾に行かないなら、通信教材に申し込もう

塾なしで自力でやりたいなら、大手の通信教材をオススメします。
これだと塾ほどお金もかかりませんし、家で勉強することができます。

映像授業で、家で授業を受ける事ができますし入試情報も手に入れることが可能です。

塾なしで自力で勉強するデメリットは、

  • 入試情報が手に入りにくい。
  • 受験勉強のやり方がわかる。
  • モチベーションの管理が大変。

大きくこの3点ですが、スタディサプリなどの通信講座であればそこも補えるのです。

通信講座ではなく塾に行く人の多くは、家で勉強できない。という悩みを抱えているからです。

家で勉強できるあなたにとっては、通信講座で十分なのです。

 

結論、塾なしで受験を乗り越えるのは難しい

この記事で言いたかったことは、塾なしではやっぱり受験は難しいです。
理由は先ほども言ったように、家で勉強時間を確保することが難しいからです。

5つの質問のところで、当てはまったのが0個か1個の人たちなら塾に行かずとも大丈夫です。
ただし通信講座を使って、家で勉強を進めることを強くオススメします。

  • 入試情報を自力で手に入れるのは難しい。
  • 間違った勉強法のまま、受験をむかえると失敗しやすい。

この2つの理由からです。

僕の同級生の中でも、塾に行かずに志望校に進学できた子は数えられるほどです。
その子は部活もバリバリこなし、家に帰ったらずっと勉強して自分が何をすべきかを常にわかっていました。

それほどの子じゃない限りは塾なし、通信講座も受けないでは間違いなく失敗します。

塾や通信講座の受講をすべきです。
ただし、全てはたくさんの勉強時間を確保するためである。ということを忘れないでください。

家でなかなか勉強できない人は、こちらの記事も合わせて読んでください。

飽き性でも自宅(家)での勉強のやる気を簡単に出す方法!

2018.12.10