入試前日にやるべき大事な5つのこと

  • 明日は入試本番、、、どうしよう。
  • 前日は何をすればいいんだろう

入試前日って何すればいいかわかんないですよね?

今回は入試本番で100%の力を発揮するために入試前日にやるべき大事な5つのことを話していきます。

全部とは言わずとも、一つでも試してみてください。

 

入試前日にやるべき5つのこと

入試前日にやること①復習をメインに勉強する

入試前日は必ず不安になります。
あれもできてないし、これもできてないし、、どうしよう。と誰でも不安になってしまいます。

だからこそ前日は、色んな教科をやらずに苦手な英単語を覚え直したり、計算ミスしやすい問題をやり直したり、理科社会の語句を覚え直したりしてください。

難しい応用問題や単元に手をつけるのはやめておきましょう。
もちろん自分の出来ない単元をやることは大事なことです。
でも、前日に詰め込んで出来るようにすることは難しいです。

また、前日に難しい問題をやっちゃうと

学生ハリボー
「うわ俺(私)全然出来へんやん!前日やのにやばい!!!」
ってなってしまいます。

ですので

  • 前日は出来るだけ今までやってきたこと
  • 覚えている単語や語句の確認
  • 基本的な問題の演習

このあたりの勉強をしましょう。

で、難しい応用問題に関しては「出てきたらしょうがない!」と割り切って手を出さずにしておきましょう。

 

入試前日にやること②時間配分をチェックしておく

テストで、あまり時間配分を気にしてる人は少ないですが、必ず決めておいた方がいいです。

テストで一番最悪なのが、時間が足りずに出来るはずの問題が解けないということです。

定期テストならまだしも、入試でこれをやっちゃうとめちゃくちゃもったいないです。
入試は自分の人生を左右しますからね、めっちゃ大事なことです。

だから必ず時間配分を意識しましょう。

手元にある過去問を用意してだいたいの時間を決めます。
例えば、、

某私立大学の英語

  • 大問1のリスニング→約10分
  • 大問2の会話文→約7分
  • 大問3の長文(ちょっと短い)→約8分
  • 大問4の長文→約8分
  • 大問5の長文(めちゃ長い)→約12分
  • 見直し→約5分

合計50分

ざっくりでいいので、大体決めておきましょう。

そうすれば当日の試験で、

  • 30分経ってまだ大問3をやってるならちょっと遅いな
  • あと5分ほどでこの大問を解かなきゃいけないな
  • このペースだとまだ間に合うから、もう少し時間をかけられるな

と焦らずに冷静に問題を解くことができます。

南波学
うわーいつの間にか時間がねぇ!!!
っていうような悲しいことを起こさない為に時間配分は必ず確認しておきましょう。

みんなあんまり知らないけど時間配分めちゃ大事!!!

 

入試前日にやること③いつもの時間に布団に入る

よく試験前日は、「早く寝るんだぞ!」みたいなことを言われますよね。
でも明日のことを考えて不安になるし、いつもより早い時間に寝ることって案外難しいですよね。

人間にはリズムがありますから、いつもと同じ時間に布団に入るようにしましょう。

で、ここで一つ大事なポイントがあります。
それは、寝れなくても気にせずとりあえず目をつぶっておくことです。

試験前日ですから、当然練れないことも普通にあります。
その時に、

南波学
寝れねぇやばい明日試験なのに!やばいやばいやばい!!!
なんて思わなくていいです。

目をつぶっているだけでもリフレッシュされるので、とりあえず目をつぶって横になりましょう。

南波学
眠くなったら勝手に寝れるからいいや

 

入試前日にやること④起きる時間、家を出る時間を確認し、明日の用意を済ませておく

これは、小学生の時によく言われたことですね笑
ちゃんと明日の準備をして寝ること。めっちゃ大事なことです。

起きれるか自信がない人は、保護者の人に伝えておきましょう。

朝になってバタバタするのは、あまり良くないことなので必ず準備をしておくことです。
準備をキッチリ出来ていればぐっすり眠ることもできます。

もし、何も準備せずに布団に入ってしまえば

  • 明日何時に起きるんだっけ?
  • 持っていかないといけないものはなんだろう?

こういう小さな不安が頭の中に残るので、寝つきが悪くなってしまいます。

持ち物は

  • 受験票(必要なら)
  • 財布(電車で行く場合)
  • 筆記用具(シャーペンに芯は入っているか確認)
  • 時計(会場には時計がないところもある)
  • 問題集やノートなどの勉強道具
  • 生徒手帳や身分証明書(受験票をなくした際に必要)
  • 飲み物、軽食
  • 薬(必要な場合)
  • 折りたたみ傘or傘(天気によっては)
  • スマートフォン(会場に着いたら必ず電源を切る)

ざっとこのあたりですね。
前日には必ず準備を済ませておきましょう。

 

入試前日にやること⑤試験が終わったご褒美を作っておく

  • 試験が終わったら友達とラーメンに行く
  • 終わったら我慢してたゲームをいっぱいやる
  • 友達とテーマパークに行く約束をする
  • 頑張ったご褒美に欲しかった服を買う

なんでもいいです。

自分が頑張ったご褒美に何かすることを決めておきましょう。

人間は、楽しいことを考えたら気分が上がります。
試験は、気持ちが結構左右されるので前日から気分をあげておきましょう。

そして不安になりそうだったら、自分のご褒美のことを考えてポジティブな気分に変えてください。

試験当日の朝、前日の夜、当日の試験と試験の休み時間。
不安になるタイミングはたくさんあります。

ちっさなことかもしれませんが、自分の気分が上がることがあるのとないのでは全然違います。

特に試験会場に友達がいなかったりすれば、周りの話が聞こえてきて不安になりまくります。
これは僕自身の実体験でもありました。

南波学
めっちゃ簡単やったわ
南波学
大問3のあの問題答え〇〇やんな?
南波学
絶対80点以上取れたわ

試験会場では、こういうことを言う人が絶対いますからね笑

1人だとどうしても不安になってしまいます。
全然気にしなくていいことなんですけどね!

でも、不安になった時の為にご褒美を決めておくのは大事なことです。
先に決めておけば、いざ不安になっても気分を上げることができますからね。

 

試験前日にやることまとめ

とにかく試験がんばってくださいね。

もちろん不安になることはあるでしょうが、ここまで来たらやることなんて限られてます。
バタバタしたって点数も変わらないし、自分の実力が試されるだけです。

だからこそ、今日話した5つのこと一つでもいいので実践してください。
絶対効果ありますから!

①難しい問題じゃなく復習メインで勉強する
②テストの時間配分を決め、確認しておく
③いつも通りの時間に布団に入り、寝れなくても気にしない
④明日の準備をしておく(起きる時間、家を出る時間も確認)
⑤試験が終わったときのご褒美を決めておく

南波学
これを読んで少しでも試験の結果がうまくいくように願っています。応援してるので、頑張ってください