成績をどうしても上げたいんです。。。

今回は、真剣に成績を上げたい人だけ見てください。
これを読んで絶対にやる!という気持ちのある時に読んでください。

点数が上がれば良いなぁくらいの気持ちの人は戻るボタンを押してください。

  • ずっと勉強をしてるのに、全然成績が上がらない
  • テストが終わるたびに成績が悪すぎて嫌になる

こんな状態の人が本気で成績を上げるためのことを書いていきます。

 

成績が上がらない原因は2つしかない

成績を上げる上でめちゃくちゃ大事な話をします。
勉強をする上で大事なことではないです。
もう一度言いますが、成績を上げる上でとても大事な話です。

ここまでの人がいっても、100人いれば2、3人しか実践しません。
なので、2、3人でも実践して成績が上がればいいなという気持ちで書きます。

まず、成績を上げる上で大事なことは

  • ①勉強量
  • ②勉強のやり方

この2つです。

と画面越しに呆れた顔をしたあなた、ちょっと待ってください。

成績上がらない人は、これが全然わかってないんです。

一つずつ話していきますね。

 

落とし穴①たくさん勉強してると思ってる人ほど実はしてない

勉強しても全然成績が上がらないという人は、

自分が実際にどれくらい勉強しているかをだいたいでいいので、数えてみてください。

テストのために勉強をしている時間を数えてください。

その中には、
・答えを見ながらワークの答えを丸写しする時間
・友達に借りたノートを自分のノートに写す時間

こういう時間は省いてください。

こうやってみてみると、

ほんっっっとに勉強出来てない人が多いです。
まず時間が勉強をしている時間とちゃんと向き合いましょう。

勉強時間を数えて、ノートに書いてみてください。

  • 英語:〇〇時間
  • 数学:〇〇時間
  • 国語:〇〇時間
  • 理科:〇〇時間
  • 社会:〇〇時間

書きました?書きましたよね?
ここまで言ったので書いてくださいね?笑

俺もこのブログでいろんなことを言ってますが、
ふむふむってただうなずくだけじゃなく実践するための方法を書いてます。

あなたの友達の中でも、次のテストは頑張るんだ!!!
って意気込んでて実際テスト直前になったら

「勉強なんてやって意味あるのか?」ってサボってる子いませんか?

それと一緒です。
口でどれだけ良いこといったって、かっこいいこと言ったって
行動に移さなければ成績なんて変わらないんです。

出ましたか?
例えば、数学にかけた時間が2時間だとしましょう。
その時間は、テストで点数を取るために十分な時間ですか?
多分、「いや足りへんやろ!!!」ってなるはずです。

そうなんです。
点数につながる勉強の時間をいくら作れるか。
まずココが大事なんです。

ノートを必死に写すのとか、まとめたりとか
点数につながらないことを必死にやったって何も変わりません。

 

落とし穴②頭に入らない勉強の方法をしてる

こっちは結構います。
性格も真面目で言われた宿題はこなす。
そんな人に多いのが、勉強のやり方がそもそも悪いです!

勉強の方法。
これは下の記事も参考にしてください

英単語が覚えられない人必見!覚え方のコツや効率良い暗記法とは?

2018.09.04

暗記に関して何度も言いたいこと。
これはマジーーーで全国の勉強してる学生に言いたい。

書いて覚えるやり方。
このやり方自体はいいんですよ。間違ってない!

でも、同じ単語を何階も書きまくる覚え方あるじゃないですか?
こういうやつ↓

(ノートがくしゃくしゃなのは、緑茶をこぼしたからです。
字が汚いのは、努力が足りないから笑)
あーコーヒー飲みたい。笑

このやり方ほんとに無駄なんです。
同じのを何度も書くやつ。
もしこれが一回一回なにも見ずに書いたものならいいです。

でもこれは、左に書いたのを見ながら書いてますよね
そんなの書けるに決まってます。
だって見てるんだから、習字ですよ、習字(笑)
dictionaryという字がうまくなるだけです。

この勉強法では覚えることができないんです。
でも少し工夫を加えれば、すぐに覚えられる勉強法になります。

dictionary,take,foreign,coffee,drinkという5つの単語を見て目をつぶって10秒待ちます。
そしてそのあと白紙のページに何も見ずに、さっき覚えた5つの単語を書いてみるんです。

すると、スラスラ書けなかったり、迷ったりするんです。
そこが覚えてないところです!!!

覚えるための勉強なのに、スラスラ書けちゃうってことは

  • 完全に覚えた
  • 勉強のやり方が悪い

このどちらかなんです!!!

覚えてないのに、スラスラ書く勉強しても意味ないんです。
思い出したり、思い出そうとして間違う。

勉強をしないといけないんです。

間違うのがすごく嫌いやからわからない問題は空白にする
って人がたまにいますが、一番やってはいけません。

意地でもなんか考えて書いてください。
そこを飛ばしちゃうとどんどん頭が悪くなってしまいます。

頭よくなって成績上げたいなら、ちょっぴりしんどいことはしなきゃいけないです。

ということで、
今回行った2点を気をつけてください。