高校受験まであと2ヶ月の今やるべきことやってはいけないこと

高校受験が迫って焦ってきますよね?

  • 受験まであとわずかな今何をすべきなのか
  • 何をしないといけないのか
  • 何をやってはいけないのか

受験生のためにあと残り2ヶ月でやるべきこと、やってはいけないことを教えていきます。

 

受験まであとわずかの今やってはいけないこと

受験まであと少しとなると、焦ってしまってやってはいけないことをしてしまってる人が多いです。
焦ってしまって間違えた過ごし方をしないよう「やってはいけないこと」を知ってください。

 

夜更かしして勉強する

受験で焦ってしまう気持ちはわかりますが、夜更かしをしないよう気をつけましょう。
遅くまで起きていると次の日は、体がしんどくなり、勉強するのがだるくなります。

夜型の人も多いかと思いますが、出来るだけ毎日同じ時間帯に寝るようにしてください。

勉強時間を増やすコツは、1日で一気にやることではなくて毎日コツコツやることです。
そのためには生活リズムを一定にした方が楽です。

特に、この時期は風邪をひく人が多いです。
夜更かしをして、体が疲れているとその分風邪にもかかりやすいです。

風邪をひいてしまったら、勉強できない日がさらに増えてしまいます。
そうなってしまったら本末転倒なので夜更かしをしないようにしましょう。

 

無茶な勉強計画を立てる

受験生あるあるですが、この時期から

  • 「基礎を全てやる」
  • 「1年の内容から全部復習する」

という無茶な計画を立てる人がいます。

でも冷静に考えば全部やるとか絶対無理です。
2ヶ月で3年間の内容が勉強できれば誰も受験で苦労しません笑

目標というのは、大きすぎたり無茶すぎると

  • やる気が起こらない
  • モチベーションが下がる
  • 途中で無理だと気づいて落ち込む

などなどデメリットだらけです。
受験直前で焦るのはわかりますが、現実的に出来そうな計画を立てるようにしてください。

今まで全然勉強できてないのに、

学生ハリボー
休日は8時間勉強するぞ!

という目標を立てるのはやめましょう。
あくまでも現実的な目標を立てることです。

ちなみに休日に勉強時間を増やすための方法は、下のリンクをタップしてください。

テスト勉強しても毎回うまくいかない人へ

2019.06.12

スタディサプリの申し込みできない時の対処法を具体的に紹介!

2019.01.25

受験に打ち勝つ勉強のメンタルを作る5つの方法

2018.12.19

集中力が切れる人に試して欲しい3つのこと

2018.12.18

テストで平均点を取れない人が今すぐやめるべき2つの勉強法

2018.12.16

 

喋っても大丈夫な場所で友達と一緒に勉強する

しゃべっても大丈夫な場所とは、ファミレスや放課後の学校の教室などです。
一緒に勉強する相手にもよりますが、

友達と一緒にいると、絶対に「受験どうしよう」「テストが不安」という話になります。

それは構わないですが、その延長でずっと友達としゃべってしまい勉強が進まないということがよくあります。
特にこの時期ほど不安になりやすいので、人としゃべって

自分と同じような気持ちの人がいる!

ということを知って安心したいんです。
でもそうやって友達としゃべってしまって足を引っ張り合うような光景をよく見かけます。

もちろんお互いに足を引っ張り合うつもりはないし、勉強するつもりです。
でも一緒にいるとしゃべってしまう人は多いはずです。

なので、出来るだけ1人で集中する時間をとった方がいいですね。

一緒にやるとしても、図書館でやるとか、
自分よりも勉強する友達と一緒に行くなど考えてした方がいいです。

経験から言うと、直前の1、2ヶ月は意外と点数を伸ばせる時期です。
直前で集中できるし、勉強時間も増えるからです。

だからこそ勉強する友達、環境にはこだわっていきましょう。

 

受験まであとわずかの今やるべきこと

受験まで残りわずかだとどうしたらいいのか?と悩みますよね?
受験まであと少しの今やるべきことを話していきます。

 

過去問を答えを見ずとも解けるようにしておく

直前期はみんな過去問を解きますが、
よくわかっていないままほったらかしにしている人が結構います。

過去問はあくまでも、

  • 問題の傾向を知る
  • 時間配分の感覚をつかむ

ためであって

学生ハリボー
何点取れるかなあ

っていう力試しのためにやるものではありません。

本番の入試で点数を取る為にやるべきなので、
出た問題、出た単元は解答を見ずとも解けるくらいにしておくことが必須です。

これは最低限やってください。
点数を見て「やったー」とか「全然取れてない」って落ち込むだけでなく、その後の解き直しもやりましょう。
これが一番大事です。

 

毎日寝る前に暗記の時間を作る

これは受験直前でなくてもやってほしいことです。

  • 社会や理科の用語
  • 英語の単語

この暗記時間を寝る前にやってください。

特に理科社会は計算問題をのぞいて暗記要素が強いので、直前で一番伸びやすい科目です。
毎日コツコツやることが本番の点数を伸ばします。

30分でもいいので、暗記に時間を使ってください。

紙に何度も書くというやり方をしなくていいです。
声に出したり、覚えた内容を目をつぶって思い出すというやり方をしてください。

勉強は積み重ねです。
こういうコツコツした努力が積み重なって結果を生みます。

毎日30分やったからこそ、本番で点数が取れるようになります。
最初はしんどいかもしれませんが、習慣になれば自然とできるようになります。

 

体調管理にめちゃくちゃ気をつける

最後に受験生がやるべきことは、風邪をひいたりしないことです。
体調管理に気を使ってない人が多いですが、体調管理は超大事です。

  • マスクをして学校に通う
  • 朝起きた時と帰った時に手洗いうがいをする
  • 夜更かしをしない
  • 毎日決まった時間に起きる

これは最低限やってください。
風邪を絶対に引かないことは不可能ですが、予防をすればするほど確率を減らすことはできます。

アメトークで宇治原さんも「絶対に風邪をひかないこと」が大事と言ってました。

風邪をひくと、勉強時間が減りますし、
何より本番を一番良い状態で迎えられないのがやばいです。

それだけで他の受験生よりもハンデを背負った状態でスタートになりますからね。
夜更かしをすると、特に風邪をひきやすくなったり、体調を崩しやすくなるので注意してください。

受験生は体調管理も仕事の一つです。
気をつけてください。