家(自宅)で勉強できない5つの理由と克服方法

「家でどうしても勉強できない!」
「1人で勉強するとつい甘えてしまう」
とどうしても勉強に集中できず困っていませんか?

必ず勉強しなきゃいけないとわかっていても
ついダラダラしてしまいますよね。

この記事では、家(自宅)で勉強できない人の5つの特徴について話していきます。
この記事を読んで、あなたも集中して自宅で勉強できるようになりますよ。

 

自宅(家)にいると勉強できない5つの理由

自宅にいるとどうしても勉強できない時はあります。
まずは勉強できない理由を知ってください。

 

自宅ではリラックスしてしまい勉強に集中できない

まず勉強する場所とリラックス場所を分けることです。
リラックスする場所が机の上で、集中する場所も自分の机の上ならなかなか集中することは難しいです。

人間は単純でリラックスする場所に行けば、自然と体もリラックス状態になります。

出来れば、勉強する部屋とリラックス(遊ぶため)の部屋は分けて欲しいですが、それは無理だと思うので、

まずは、、

南波学
机の上では勉強だけしかしない!

ようにすることです。

  • 携帯を触ったり、ゲームをしたりダラダラするのは、ソファーかベッド
  • 机の上に座ったら勉強しかしない

こうやってガッツリ分けてください。

勉強してて、集中力が切れてしまうのは仕方のないです。

ただ集中力が切れた時、
机の上でダラダラするんじゃなく、机から移動してダラダラする
こういうルールを一つ作ることです。

机に座ってる間は、勉強しかしない
これだけ守れば大丈夫です。

マンガとか携帯とか、ゲームはソファーの上かベッドの上から動かさない
これを続けていると、机に座ると勉強のスイッチが勝手に入ります。

 

勉強中の姿勢がめっちゃ悪い

姿勢というと、

南波学
そんなの聞きたくない!

っていう人も多いんですが、学校のクラスメートを思い出してみてください。

授業をちゃんと聞いてる生徒ほど姿勢は良いです。

逆に集中力が切れたり、すぐに人に話しかける生徒ほど足が横に出ていたり、ノートを書く姿勢がめちゃ悪かったりします。

姿勢が悪くて集中力が高いのは、デスノートに出てくるLくらいです笑

勉強をできるだけ長く続けるためには、長く続ける姿勢が必要です。

  • 背もたれにもたれて勉強する
  • 首をノートにかなり近づけて勉強する
  • ほおづえをつく
  • 足を横に出して勉強する

みんな楽だと思ってやってますが、実はこれこそがすぐにやる気を失う原因なのです。

一番楽な姿勢は、実は背筋を伸ばしてる姿勢なのです。
「いやいやめちゃめちゃしんどいですよ」って言われるんですが、それは慣れてないだけです。

悪い姿勢で勉強する=集中力が落ちる努力をしてる
ってことですよ、やばいですよね?笑
姿勢が悪ければ、呼吸が浅くなって、疲れやすいんです。

まずは、深呼吸して良い姿勢を作ることです。

南波学
5分でもいいから姿勢を意識してみて

 

机の上や部屋がめちゃくちゃ散らかってる

これは意外とみな知らないことですが、かなり勉強の邪魔をします。
人間の脳みそは優秀で、僕らが思ってるよりもいろんなことを考えています。

机の上に散らばった本があれば、無意識に「片づけなきゃ」と考えます。

携帯が視界に入れば、「友達に連絡返したいな」「携帯触りたい」などいろいろな気持ちと戦い始めます。
こうやって知らないうちに脳みそにいっぱい働かしちゃってるんです。

なので、散らかった部屋や散らかった机で勉強をすると、すぐ疲れてしまいます。

逆にスッキリした机や部屋だと余計なことを考えないで良いから疲れにくいんです。

南波学
使う教科以外はカバンか本棚にしまおう

ってことを実践してください。

英語の次は理科をやるからといって、理科の本を机に広げちゃダメです。

  • 理科はいつやろうかな
  • 理科はどこのページをしようかな

って勝手に脳みそが動き出しますからね。

南波学
無駄に疲れたくないでしょ?笑

散らかってる本ごときに余計なエネルギー使いたくねぇって人は机綺麗にしてください。

ただし、テスト前に部屋の掃除に取り掛かるみたいなテストあるあるがあるので、

南波学
部屋を片付けるのは、1日5分まで

ってルールの中で動いてください。
5分でも意外と綺麗になりますから。

 

勉強以外の悩みごとで勉強に手がつかない

これは誰でもあります。
学校の友達のこと、異性のこと、部活のこと、家族のこと、、、生きてりゃ色々考えてしまうのが人間です。

でも何がしんどいって勉強の時に悩み事を考えちゃう、、ってところですね。
これはかなり勉強の邪魔になってしまいますね。

かといって、

南波学
考え事なんてするな!!

って言われてもどうしようもありません、

こういうときは、今から言う方法を試してください。

南波学
勉強する前に、今考えてること全部を紙に書く
  • ほんとになんでも良いです。
  • 成績最近わるいよなぁ
  • 部活最近楽しいけど、顧問の先生がうざい
  • 今日の晩飯何かなぁ
  • クラスメイトのあの子としゃべりたいなぁ
  • 正直勉強とかやってられない
  • 新しいシャーペンが欲しい
  • 将来大豪邸に住みたいなぁ

ほんとになんでも良いです。

大事なのは、素直に自分の思ってることをそのまま書くこと。
これを5分くらいでやると、意外とスッキリします。

5分ももったいないかもしれませんが、5分使って集中できるなら安いもんです。

頭にあることを吐き出す

これをやるだけで、いつもよりは集中力が続きます。
また、悩み事にくよくよしにくくなります。

 

時間を決めずにダラダラやる

教室がきれいになるまでずっと掃除しててください。
と言われたときと

教室がきれいになるように15分間掃除してください。
と言われたとき、どっちがやる気出ますか?

南波学
そりゃ時間を決められた時!

ってみんななりますよね?

勉強でも一緒です、時間を決めないとそりゃ嫌になります。

勉強が好きならまだしも、あまり好きじゃないなら毎回時間をしっかり決めてください。

嫌なことであっても「〇〇分たてば終わる」って思えると人は頑張れます。
これめっちゃ大事ですよ!

時間決めずに勉強やるのは、勉強大好きな人か、自分をいじめたい人くらいです。
あなたが普通に勉強があまり好きじゃなく、

南波学
楽に勉強したいなら、絶対時間制限をつけてください

集中力があまり続かないって人はまず10分から始めましょう。
そして次は15分、20分とだんだん伸ばしていきましょう。
時間は必ず区切る、これは勉強する上での鉄則です。

 

自宅で勉強できない時の克服方法

では、自宅で勉強できないことは何をすればいいのか。
その克服方法を書いていきます。
これを参考に自宅で勉強できるようにしましょう。

 

5分でいいので、毎日決まった時間に家で勉強を始める

勉強できない人は、勉強を習慣にしてしまうのが一番ラクです。
歯磨き、食事、風呂のように当たり前のようにするには、決まった時間に勉強を始めることです。

朝起きてからや家に帰ってからの時間いつでもいいので、5分だけ時間を取りましょう。
そこで単語帳を見て覚えるでも、なんでもいいんです。

決まった時間に5分勉強!

ここから始めましょう。
5分やってみて、もう少し勉強できる余裕があるならそのまま続けましょう。

これで勉強が習慣になります。
習慣になってしまえば、勉強をすることに抵抗が薄くなるし、体が覚えてきます。

そうなればすごく勉強がラクですよね。

こうやって勉強をするリズムを意図的に作ることです。
リズムさえ出来てしまえば、こっちのものです。

まずは1週間続けましょう。
1週間〜10日間続けばその習慣は続きやすいです。

ほんとにオススメの方法なので、試してください。
どれだけ勉強できなくても、5分くらいは絶対時間が取れるはずなので、

 

携帯、漫画、ゲームを視界に置かず、机から遠ざける

家で勉強を一番邪魔するのは、携帯、漫画、ゲームです。

  • 携帯を触ってしまって、無駄な時間を使ってしまう
  • 漫画を読んでしまって、勉強そっちのけになる
  • ゲームをやめられず、勉強をそもそもしない

こんな経験は学生時代僕もよくありました。
近くに携帯やゲームがあるとどうしてもサボってしまいます。

勉強よりも友達とラインしたり、ゲームしてる方が正直ラクだし楽しいですからね笑
そんな誘惑だらけの環境で触るなという方が難しいです。

なので、自宅で勉強するためには誘惑を排除しましょう。

  • 机の上、机の中には置かない
  • 手の届く範囲に置かない
  • 視界の中に入れない

これは必ずやってください。
「勉強できない」とか「やる気がない」とか言ってる人ほど近くに携帯があったり、そばに漫画を置いてたりします。

そもそも勉強しかできない環境にいれば、勉強するんです。
やる気とか関係なくするんです。

勉強できないって人は、勉強してない時何をしているか考えてみてください。
ゲームや携帯、漫画など何か他のことに時間を費やしてるはずです。

それを机から遠ざける、別に部屋に置くなどすれば自然と勉強するんです。

携帯との付き合い方は↓この記事でも紹介してるのでぜひタップして読んでください。

携帯(スマホ)のせいでテスト勉強に集中できない人がやるべき6つの対策

2018.11.21

 

時計を見えない位置に置き、タイマーで時間を管理する

集中できない人ほど、よく時計を見てしまいます。
授業中でも何度も時計を見ている時ほど集中してないですよね?

逆に時計をほとんど見ない時ってかなり集中してる時です。
時間を気にすればするほど、集中力は切れやすいです。

だから、時計はなるべく見えない位置においておきましょう。
できれば、時計を隠す、外して別の部屋に置いておくなどしてください。
時計が外せない人は、時計を背にする向きに机を置いたりしましょう。

時計を見にくい位置におくだけでも、集中力は段違いに違います。
僕自身も時間をやたら気にしてる時ほど、仕事が進まないし、集中してない時が多いです。
逆に時計を見ないようにした時は、集中してることが多く「もうこんな時間か」とよくなります。

ただ、勉強時間を計りたい人やどれくらい勉強したか知りたい時、
また予定があるので、時間を知っておきたい人はタイマーを使いましょう。

タイマーは勉強の集中力をすごく高めるので、ほんとに買った方がいいです。
タイマーあるだけで集中力全然変わりますから。

時計を外して、タイマーで管理する

これで自宅(家)でも勉強できるようになるので試してください。

勉強に集中できない人ほどタイマーを使うだけですべてがうまくいく

2018.05.27

>>>タイマーを使うだけで勉強をうまくやる方法の記事を読む

 

まとめ

では今回話したこともまとめますね。

南波学

  • リラックスの場所と集中する場所は必ず分ける
  • 集中が長く続くいい姿勢を保つ
  • 机の上には必要最低限のものしか置かない
  • 勉強をやる前に考えてることを全て書き出す
  • ぜーったい制限時間を決める

自宅で集中して取り組むことができれば、最強なんで工夫して取り組んでください。

自宅でできるオススメな勉強サービスはこちら↓

スタディサプリのメリットとデメリットを塾講師が徹底紹介!超おすすめする理由とは?

2018.10.29

>>>自宅で学習できるサービスの紹介記事を読む