「志望校が決まらない」は今日で解決!志望校を決める為の3つの方法

  • 志望校が全然決まらない
  • 行きたい高校、大学がないから志望校を決められない

将来やりたいことがない人や、行きたい学校のない人にとって

高校や大学に行くときの志望校なんて中々決めることができませんよね?

全然志望校が決まらない人は、この記事を読んで

今日志望校を決めてください。

全然志望校が決められないあなたでも決められるように書きました。

これを読んで志望校をすぐ決めましょう。

失敗しない志望校の決め方!高校の志望校はこう決めろ<中3生必見>

2018.01.18

やってはいけない志望校の決め方6選!この決め方だけはやめて!

2018.11.06

 

あなたの志望校が決まらない理由

あなたの志望校が決まらないのは理由があります。

理由を知っておけば、志望校を決める為の対策もわかってきます。

全然焦る必要はありません。

ゆっくり読み進めていってください。

学校のことを全然知らない

これは、学生にありがちなことです。

全然志望校が決まらないと思っていたら、学校のこと全然知らないだけだった。

こういう学生は非常に多いです。

高校や大学の情報は、積極的に自分から取りにいかないとなかなか手に入りません。

普通にしていても何も情報は入ってきませんからね。

だからこそ、学校のことを全然知らない

学校のことを全然知らないから、何もわからない

結果として、志望校が決まらない。

こんなことが起こるんですね。

でも読んでいるとわかるように当たり前のことです。

だってあなたは何も知らないんだから。

知らないのに決めるも何もありませんね。

まずは、資料請求(大学の公式のホームページから取り寄せれる)を使ったり

またオープンハイスクールやオープンキャンパスを利用して学校にいってみましょう。

ネットで見る情報と、実際に行って感じるのでは全然違いますからね。

友達から聞いた情報だけで決めるんじゃなく、自分からも情報を取りに行きましょう。

 

将来の夢がない

  • 将来やりたいことがない
  • 社会人になったらやってみたい職業がない

だからこそ志望校が決められないという人は多いです。

でも、これって別に珍しいことではありません。

学生のうちから将来のことを考えてる人なんてなかなかいません。

僕も学生時代でも真面目に将来のことを考えてる人なんてクラスで1人や2人で

将来の夢があるって言ってる人も、

漫画やテレビドラマで影響を受けただけのものも多かったです。

将来の夢が決まっていれば、どこの大学や高校に行くべきかわかりますから

志望校なんて決まっているでしょう。

逆にやりたいことがない人にとって志望校を決めることは難しいことでしょう。

将来の夢がないという人は、

まずは、この世の中にどんな職業があるかを知ることです。

「え?こんな仕事あるんだ」ってなって楽しいと思います。

色んな職業について調べたりすることがいいですよ。

↓こういうゲームのキャラっぽく職業を解説してるのもあるくらいですから。

 

自分の進路について初めて考える機会だから

今まであなたは、親や周りの人に色んな選択をしてもらっていました。

だから、志望校を決めるなんて重要な決断をいきなりできないのです。

自分の進路について考えるはじめての機会ですからね。

迷って当然です。

全然決まらなくて当然です。

今した選択によって将来が大きく変わってしまう。。。

そう思ったら気軽に決められないですよね。

自分の進路について考えることは、これからも何度もあるので十分迷ってください。

ただ志望校なので、これであなたの将来が全部決まるわけではありません。

これから人生において、何度も自分で選択することがあるのでその第一歩目だと思ってしてください。

 

何故志望校を早めに決めるべきなのか

なぜ志望校を決めるべきか知ってますか?

親や先生に「志望校は?」と聞かれることにうんざりしてる人も多いでしょう。

でも志望校を決めることには大きな理由があるのです。

それは、

勉強のモチベーションになるから

です。

勉強は多くの学生にとって楽しむものではありません。

楽しむものでないなら、必ず目標・目的がいります

「先生や親にやれ」って言われるからやってます。という理由では勉強に対してやる気が出ないのも当然です。

志望校は、勉強の目標と目的になります。

志望校が決まっていれば、勉強をやめたくなっても

  • 〇〇(志望校)に行くために頑張らなくちゃいけないんだ

とやる気を取り戻すことができます。

逆に志望校がない人ほど

学生ハリボー
なんで勉強しなきゃいけないの
学生ハリボー
勉強してもどうせ成績上がらない

という言葉を口にしてしまうのです。

志望校が勉強のモチベーションになるのです。

また、志望校がないと

  • どこまで成績をあげればいいか
  • どんな勉強をしないといけないか

この2つがわかりません。

逆に言うと、志望校を決めれば

  • どんな勉強をしないといけないか
  • 志望校合格のためにどれくらい成績を上げないといけないか

それがわかるようになります。

「いい成績を取りたいから勉強する」って言ってる人がいますが、この目標だとしんどいです。

  • いい成績って順位でいうと何番?
  • 偏差値で言うとどれくらい?
  • テストで何点とること?

ここまで明確にすれば、勉強のモチベーションにもなります。

モチベーションを高めて勉強するためにも志望校は先に決めておきましょう。

 

志望校の決め方

とはいっても志望校なんて簡単に決められるものではありません。

志望校を決める為の方法をお話しします。

これを読んで今日志望校を決めてしまいましょう。

それくらいの気持ちで読んでくださいね。

 

志望校の決め方①とりあえず自分の学力のちょっと上くらいの学校にする

学生ハリボー
え?ちょっと先生適当すぎません?

って思った人もいるしょう。

まぁ聞いてください。

「志望校は将来の夢のために大切に大切に決めなくちゃいけない!」

そう思ってませんか?

それが大きな間違いです。

志望校ってのは、とりあえず決めてしまえばいいんです。

学生ハリボー
でも先生将来がかかってるんですよ!?

もちろんその気持ちもわかります。

でも大事なのは、志望校と受験校は違うということです。

志望校は自分の目指すところであり、受験するところではないのです。

まだ出願していない時期だったら、仮の志望校でいいんです。

「そんな適当な…」と思うかもしれませんがかなり真剣に書いてます。

将来の夢ややりたいこと、自分が行きたい学校があれば今頃悩んでないはずです。

また将来の夢がちゃんと決まってるならこんな記事も読んでないでしょう。

だから、

  • とりあえず決めるために学力で志望校を決める。

という方法をオススメしているのです。

学力が少し上のところを仮の志望校として決めれば、

そこに向かうために勉強できるし、学力が今の自分より上なので

勉強をしなきゃいけない理由にもなるはずです。

自分の学力から少し上の志望校をとりあえずとして決めましょう。

仮であっても志望校が決まれば、そこの学校について調べるし、こっちの学校がいい!って本当の志望校が決まるかもしれません。

他に行きたいとこが見つかれば、それはそれでいいんです!!

 

志望校の決め方②一番優先するものを決める

何かを決めるときは基準が必要になります。

あなたが志望校を決める上で一番重要なことを一つ決めましょう。

「これだけは譲れない」ってやつですね。

それが無ければ

  1. 通学時間
  2. 部活動
  3. 学力
  4. 将来やりたい職業につながっているか

この4つの中から自分が一番大事にすべきものを選んでください。

そしてその条件に合う学校を3つ出して、そこから選んでください。

  • 「自分のやりたいことはどこいっても一緒!」って人は通学時間
  • 部活動が命って人は、自分が入る部活動が強いところで行きたい学校を3つ選ぶ
  • 学力が自分に合ったところがいい場合は、自分の学力に近い偏差値のところを探してください。
  • 自分のやりたい職業が見つかってるなら、その職に就くために必要な資格が取れるところを選びましょう。

正直どれも大事です。

通学時間も、学校に行くまでの時間なので結構大事です。

僕の学生時代のクラスメイトにも、トップレベルの高校にいける実力があるのに

「勉強はどこでも出来るから一番近いとこにした」といって子もいたくらいです。

通学時間が長いと、学校に行く気もなくしますからね、とても大事なことです。

「この条件だけは譲れない」ってものを一つ選んで、その条件を満たす学校を3つ探しましょう。

その3つの学校から志望校を決めましょう。

 

志望校の決め方③塾の先生や学校の先生や友達に相談する

一番は塾の先生がベストですが、塾に通ってない人もいるでしょう。

もちろん親でも構いませんが、親は「この子にはいい高校に行って欲しい」って思いが強すぎるので

できるだけ冷静な意見をもらえる他人の方がいいです。

(もちろん親にも相談していいですよ。)

ただ、他人に決めてもらうというスタイルだけはやめましょう。

  • 偏差値がこれくらいの学校に行きたい
  • こんな授業のある学校に行きたい
  • 〇〇(職業)になりたいけど、そのために学校はどこにすればいいのかわからない

この辺をある程度決めてから相談しましょう。

どこでもいいは相談される方も困りますからね。

あくまでも相談であって、決めてもらうわけではないのを忘れないでください。

学生ハリボー
親がいい高校に行って欲しいんですが、親が言う志望校にした方がいいですか?

って質問をたまにもらいますが、正直やめた方がいいです。

親を喜ばせるための勉強は辛いだけですから。

それは僕が学生時代に経験したことなんでオススメしません(笑)

「いざ自分が何をやりたいのか?」

って選択を迫られたときに、自分は意思を持たず勉強してきたことに気づきます。

親と相談して自分で決める。なら大丈夫です。

相談する相手も重要ですが、相談するときはあくまで自分が決めるというのを忘れないようにしましょう。

 

まとめ

以上になります。

さて志望校はだいたい決まったでしょうか?

まだ決まってない人は、もう一度読んで真剣に考えてみましょう。

今から調べる学校が見つかったって人は、すぐにやってください。

では以上です。

失敗しない志望校の決め方!高校の志望校はこう決めろ<中3生必見>

2018.01.18

やってはいけない志望校の決め方6選!この決め方だけはやめて!

2018.11.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です