勉強したくないを即解消!やる気を楽に出す7つの勉強方法

テスト前でも、やらなきゃいけない時でも

  • どうしても勉強したくない
  • なぜか勉強できない
  • やる気が全然出ない

というときはあります。

それが受験を控えてる受験生であってもです。

正直仕方のないことです。

南波学
やる気がなくてどうしようもねぇ

僕もそんな時ばっかりでしたから笑

でもそんな時でも

  • 楽に始められる方法
  • 勉強のやる気を高める方法

というのはあります。

今回は、僕がおすすめする

勉強以外のやる気の高め方と楽に始められる勉強のやり方を紹介します。

ぜひ試してみてください。

ホントに勉強したくない気持ちがあるのは仕方ないので工夫して乗り越えましょう。

こちらもおすすめ↓↓↓

やる気が全然出ない時でもラクに勉強を始めるための3つの方法とは?

2018.08.29

【やる気が出ない】を即解決!今すぐできる勉強のやる気を上げる7つの方法

2017.07.06

 

やる気を上げる勉強以外の4つの方法

どうしてもやる気がない、

でもしなきゃいけないときにやる気を上げる方法をお教えします。

僕も受験生のときや今でも使ってる方法ものせています。

勉強を無理に始めるよりも効果的な方法もあるので、ぜひ行動してみてください。

 

15分思いっきり気分転換する時間を作る

南波学
とりあえず勉強のことを忘れて思いっきり気分転換

これをやることです。

「勉強しなきゃいけないのにできてない」って状態は何もしてなくても疲れてしまいます。

なので、一回その気持ちを手放してしまうことです。

とりあえず15分だけでいいから全力で楽しむ

これがポイントです。

ただし絶対にタイマーをかけたりして、時間は守ってください。

15分気分転換する時にたとえキリが悪くても、です。

15分きっかりでやめてください。

キリの良いとこまでとかやっていると、いつまでもダラダラしてしまいますからね。

こうやって何かに思いっきり集中することがやる気を高めます。

目いっぱい気分転換したから勉強するか、、

そんな気持ちになりやすいです。

 

動画やテレビで頑張ってる人を見る

情熱大陸でもyoutubeでもいいですが、誰かが頑張ってる姿を見ることです。

おすすめはスポーツ選手ですね。

何か人が一生懸命頑張ってる姿を見ると、自分も「何か頑張ろう」と素直に思えます。

僕は漫画が好きなので、

進撃の巨人の作者の諫山さんのインタビュー動画を見るとやる気が出ます。

  • こんなに辛い時期があったけど乗り越えた
  • 今はこんな思いでやってる

こんなことを聞くと、自分も何か頑張れるものを探しちゃうんです。

そうなると、記事を書くことだったり、勉強だったりするので自然とやる気が出ます。

で、ここのポイントは「やろうかな」と思えた瞬間にすぐ勉強にとりかかることです。

とにかくやる気が出たらすぐやる

これがやる気のないときの鉄則です。

やる気というのは、一時的なものです。

昨日はめちゃくちゃやる気になっていたのに、次の日は無気力状態。

なんてことはよくあります。

テレビでも動画でもいいので、何かに夢中になっている人を見る

そしてやる気が湧いた瞬間すぐやる

結構おすすめで僕も今もやってる方法です。

 

勉強やったことのメリットをノートに書き出す

勉強は楽しいことではないです。

でも勉強すれば自分にとって悪いことはないはずです。

まずは自分が勉強をやることのメリットを書いてみましょう。

何でも自分が思うように書きましょう。

  • お金持ちになれる
  • 頭が良いってみんなに褒められる
  • 高学歴が手にはいる
  • 勉強が楽しくなる
  • 高校が選べる

こんなざっくりしたものでもいいので書いてみてください。

とにかく勉強=自分にとって良いもの、得するもの

ということがわかればいいのです。

自分にとって良いものとわかればやろうかなという気になりますからね。

で、少しでもやる気がわいたらすぐに取り掛かること!

これはさっきと同じです。

南波学
やる気がわいたらすかさずやる!

こうやって勉強のメリットを自分のノートでも、いらない紙にでも書いてみてください。

勉強やった方がいいってちゃんと自分でわかるのでおすすめです。

 

15秒だけ本気で腕立て伏せをする

これは少し強引な方法かもしれませんが、体を動かすことは効果があります。

運動はストレスを発散してくれるし、終わった後爽快感があります。

実際に運動は脳に良い影響を与えることは、科学的にもあらゆる実験で証明されています。

運動するとアドレナリンが出て、体が戦闘モードになりやる気がわいてきます

本当ですからね?信じれないかもしれませんけど、、

僕も家でこうして記事を書いていても、急に腕立て伏せを始めたりするくらいです笑

しかも全力で15秒ほど腕立て伏せでなくても腹筋でもいいのでやるだけでいいんです。

15秒でやる気が出ると思えば、めっちゃ良い方法ですよね?

運動は体にもいいですし、一石二鳥の方法です。

気分転換にもなるので実際にやってみましょう。

 

やる気を上げる勉強の3つのやり方

ココからは

  • 勉強をいかに楽に始めるか
  • いかにやる気の出る勉強をするか

という話をしていきます。

勉強の始め方でもやる気を高めたり、楽に始める方法はあります。

それを順に紹介していきます。

 

一番好きな教科の好きな単元だけやってみる

まず、自分が好き(もしくは一番できる)教科の好きな単元をやってみることです。

好きな教科がない人は、一番やってて楽な教科で良いです。

とにかく始める時に一番楽な教科や単元を選んでください。

数学なら計算問題で良いし、英語なら英単語でもいいです。

最初は勉強を始めるきっかけが欲しいだけなので、やらなくちゃいけない所なんて気にしなくて良いです。

何回も解いた所でもいいです。

自分が得意や好きな単元をやることから始めてください。

勉強のやる気がなくなってしまうのは、

  • 全然わからない
  • やってても楽しくない
  • やってて辛い、しんどい

こういう理由から来ます。

なので、とにかく自分がやってて楽な単元を選んでください。

 

3分だけ勉強をしてみる

3分=180秒だけでいいんです。

それだけで良いです。

3時間やらなきゃ、10ページしなきゃみたいなハードルがあるとどうしてもやる気をなくしてしまいます。

とにかくハードルを下げに下げて始めることです。

だから3分。これでいいんです。

南波学
3分だったらできるでしょ?

3分ですよ?

カップラーメンできるまでの時間耐えられなくてカチカチのまま食べる人はいないですよね?

カップラーメンできるまでの時間耐えられるなら勉強もできますよ。

まずはこれから始めることです。

勉強はやり始めが一番きついんです。

やり始めたらやる気は出てくるんです。

南波学
3分だけ頑張ってください。

 

一度解けた問題から始めてみる

昨日解いた問題でもいいですし、テストで出て解けた問題でも良いです。

1度解けた問題を解くことから始めてみましょう。

できない問題ばかりに当たるとやる気は失ってしまいがちです。

だからこそ、できる問題から始めるんです。

できる問題をやることは復習になりますし、やる気を上げてくれるきっかけになるので損はないです。

最近やった問題でいいので、1度2度解いた問題を繰り返しやりましょう。

ここまで話してわかってきたと思いますが、

とにかく楽な方法や問題からやってみる

これがやる気がないときの勉強の始め方です。

気軽なことからでいいんです。

ハードルを下げて取り組むと、やる気も出ますから試してみてください。

 

まとめ

今回紹介した方法をおさらいします。

勉強のやる気を高める方法は

  • 15分思いっきり気分転換する
  • 頑張ってる人を動画やテレビで見る
  • 勉強やったときのメリットをノートに書き出す
  • 15秒本気で腕立て

この4つです。

特に4つ目は嘘みたいですが、やってみると本当にやる気が出ます。

やってみてください

また、楽に勉強を始められる方法として

  • 好きな教科の好きな単元だけやる
  • 3分だけ勉強してみる
  • 一度解けた問題から解く

っていう方法もおすすめしました。

こうやって最初のハードルを下げまくれば、勉強への抵抗も減ってくるので工夫して取り掛かりましょう。

ぜひ参考に日々の勉強に役立ててくださいね。

暗記方法は?やる気がないときはどうすればいい?などよく聞かれる質問に答えてみた

2018.08.18