【数学の苦手克服】数学で点数を上げるためのたった2つの重要ポイント

  • 数学が苦手であまり出来ない
  • 数学のテストでいつも点数が低い
  • 数学の点数をどうにかしたい

今回は数学克服のための記事です。

数学を塾でも教えることが多いので、その特徴や理由がよくわかるんです。

数学を克服するためにまず理解するべき2つのポイントを今回は話します。

決して、あなたが

数学ができない脳みその作りとか才能がないわけではありません。

これを読んで自信を持って取り組んでほしいと思います。

ではいきましょう。

 

問題文から何を求められてるかよく読む

めちゃくちゃ当たり前のことを言ってるかもしれませんが、

すごく大事なことなので聞いてください。

南波学
問題を解くときは、第一に何を求められてるか確認してください。

一次関数の問題でよくやってる人を見かけますが、

問題で、「一次関数の式を求めなさい」って書いてあるのに

y=ax+bの「aとbだけ」を求めて、答えの欄にa=いくら  b=いくらと書いてる人がいます。

こういうミスがある人は問題で何を求められてるかをわかってないんです。

この問題では、式を求めるのであって、aとbの値だけ求めても不十分なんです。

  • 式を求めなさいと書いてあればy= x+ を最後に求めて解答欄に書かないといけません。
  • 座業を求めなさい。と書かれてあれば(  ,  )と書かなければいけません。
  • xについて解けとあれば、最後にx= という形に持っていかなくてはいけません。
  • nの式で表せと書かれてあれば、nを使った式を解答欄に書きます。

こういうことがわかっていれば、

  • 最後に何を求めるべきか、
  • 最後に何が出ればいいか

これがわかるので、比較的解きやすくなるのです。

数学の苦手な人ほど、自分は今何をやっていて、何を求めるかもわからず

ただ覚えてる公式を使ってごちゃごちゃやってる人が多いです。

まずは、問題で何を求められているか

これを見つけましょう。

 

どの公式を使えば、何が出るかを覚える

次のステップとしては、

どの公式を使えば、どの値(なに)が出るかを覚える、もしくはちゃんと理解することです。

例えば、、

方程式を使えば、何がわかりますか?

・・・

・・・

そうですね。未知数(わからない数字)であるxやaやbの値がわかります。

では、連立方程式を解けば何が出ますか?

・・・

そうですね、2つの文字の値が出ます。xやyなどの

では2つの1次関数の直線の式があったとして、その2つの式を連立方程式にして解いたら何が出るでしょう?

こういう問題に答えられなければ、いつまでも数学が苦手なままです。

質問が見えたら、一緒に考えてくださいね。

答えは、交点の座標が出る、です。

このように「 何を解いたら、何が答えとして出るか」を理解しておいてください。

速さと時間、道のりのみはじの計算でも、

速さを出すためには、道のり÷時間ですよね?

わけもわからずとりあえず出た数字を割ったり、かけたりしていると

ほとんどの確率で間違ってしまいます。

 

まとめ

今回は数学のちょっとしたコツについて話しました。

  • 問題文から何を求められてるか把握する
  • 何を使ったら何が答えとして出るか理解する

もしかしたら難しいと感じるかもしれませんが、

問題を解きながらこれを考えてみると、

「そういうことかぁ」と実感できると思うので実際に問題解いてみてください。

質問はいつでもお待ちしております