【中学生必見】テスト前から取り組むべき勉強方法を紹介

  • テストでいつも点数が悪い
  • テスト勉強で何していいかわからない
  • いつも勉強する時間がなくなってしまう

そんな人はとにかくテスト課題を早く終わらせることです。

最低でも1週間前には課題を終わらせる

それだけで全ての問題が解決します。

今回はテスト課題を先にやってしまうメリットやテスト前に課題を早く終わらせるためのコツをお教えします。

今ちょうど期末まで2週間、3週間前の人も多いと思うので、これを見た直後から机に向かえるように意気込んで記事を読んでいってください。

 

テスト課題がテスト勉強をやる上での大きな障害

  • テスト勉強で時間が取れない
  • テストの点数で50点以下ばっかり
  • テスト勉強で何をすればいいかわからない
  • テスト勉強はやることが多すぎて追いつかない

これはテスト課題を早く終わらせることで全て解決します

ハリボー
テスト勉強しなきゃいけないのに課題が全然終わっていない

そんな経験はは学生時代みんなにあることです。

「テスト勉強何をした?」と聞かれれば、テスト課題を終わらした。としか答えられない人も多いはずです。

見ていると、70%以上の人がろくにテスト勉強ができずテストの点数があまり良くない。

そんなことになってしまってます。

 

テスト課題は3周はこなす

これがテスト勉強の中でシンプルで効果のある方法です。

もちろん中学校によって、テスト問題を出す傾向は違うでしょうが、

テスト問題はワークやプリントから出てることが多いです。

むしろ、だいたいがワークやプリントで出された問題ばかりです。

つまりワークやプリントの問題の解き方や答えを覚えていれば、70%はできるのです。

なので、課題を3周(人によっては4、5周)やって点数が上がらないはずありません。

覚えるためには、覚えようとする意識を持って(⇦これ大事)何度もやることです。

理想としては、前日に1周、3日前に1周、1週間前に1周くらいできると点数はある程度取れます。

「そんなの無理!」って人もいるでしょう。

でもこれくらいやらないと点数は取れません。

それに早く課題を終わらせさえすれば3週やることも全然不可能じゃないです。

一気にやろうとするから無理に見えるだけです。

 

テスト課題を超スピードで終わらせるコツ

テスト範囲が配られる前からやっておく

ここで早く終わるかどうかが変わります。

テスト課題なんかは、だいたい範囲もわかってるはずです。

前のテストが終わってから、今までの授業内容のワークの範囲が出されますよね?

それさえわかっていれば、テスト範囲が出ていなくても課題に手をつけることができます。

理想的なのは、授業が終わった日に家で同じ範囲のワーク(もしくは問題集)を解くことです。

これをやっておけば、テスト範囲が出た時点でテスト課題が終わってることになります。

 

テスト課題は直前でやるという認識を捨てる

課題なんて残してていいことなんて一つもありません。

直前でやった方が頭に入るなんてこともありません。

事前にやっておいて、何回もやったほうが5倍頭に入ります。

遅くやっても

  • 友達に見せてもらったり、すぐ答えを見てしまうので頭に入らない
  • やる事が山積みなのであまり勉強に集中できない
  • 課題に追われてまともに勉強ができない

こんな自分にとって損なことしかありません。

テスト課題は早くやればメリットだらけ、遅くやればデメリットだらけ。

もう早くやるしかないですよね。

 

制限時間を決めて解く

基本的に勉強は時間によるプレッシャーが適度にある方が集中できます。

集中できるということは、勉強がよくはかどるのでワークも早く終わります。

タイマーを使った勉強法については、こちら↓でも詳しく話しています。

勉強に集中できない人ほどタイマーを使うだけですべてがうまくいくの記事へ

 

終わったときのミニご褒美を作る

課題をやるにしても、他のことをやるにしても勉強は辛いものです。

なので、終わったら何かができるなどのミニご褒美を作っておくと効果的です。

例えば、このページまで終われば

  • チョコレートを食べていいとかでも
  • 録画してるドラマを30分見る
  • 漫画を2話分だけ読む
  • イケメン俳優の画像を見る笑

なんでもいいです。

ちょこっとしたご褒美があるだけで人はやる気になれます。

大事なのは、ゲーム化できるかどうかです。

ゲームのようにご褒美や達成感がまた勉強のやる気につながりますし、意欲的になれるのです。

今日やれば明日もっとラクになる

これは僕自身が机にも貼ってる言葉です。

今やれば絶対あとでラクになるのです。

めんどくさいなぁと思ってる作業でも、後回しにすればもっとしんどくなります

逆に先にやっておくと、めちゃくちゃ楽になれます。

むしろ先にやっておけば、得なことしかありません。

  • 時間ができる
  • 余裕ができる
  • 他のことがたくさんできる

「今日やれば明日はもっと楽になる」

この言葉をふせんに書いて机にはっておけばかなり効果があります。

別に筆箱の中でも、どこでもいいですが、

目につくところにはって、いつも意識できるようにする。

これが必要なことです。

 

まとめ

今日言いたいことはたったひとつです。

南波学
何よりも先にテスト課題を終わらせろ

やれば、

  • テスト勉強の時間が十分に取れる
  • 3周できるから自然と点数も伸びる
  • 焦って集中力を失うことがなくなる
  • 何やればいいかわからないなんてことがなくなる

のでぜひ超早く課題を終わらせてください。

そのために

  • タイマー使ってプレッシャーかける
  • テスト範囲が配られる前からやっておく
  • ミニご褒美でやる気にさせる
  • 今日やれば明日はもっと楽になるという紙を見る

こういうテクニックを使ってテストにのぞんでください。

やった人には、ちゃんと返ってくるので自分を奮い立たせて頑張って下さい。