【夏以降】受験勉強は何をすべき?正しい勉強法や必要な勉強時間とは?

 

どうも塾講師の高橋です。

高校受験まであと数ヶ月なので、自分は志望校に合格できるのか不安に感じてると思います。

受験生の中でも

  • 受験勉強って何したらいいの?
  • 毎日どれくらい勉強時間取ればいいの?
  • 自分のやってる勉強って正しいのかな?もっと効率の良い方法無いかな?

って不安になってる人も多いでしょう。

実際僕も受験時代に何すれば良いかよくわからないままでしたし、教え子の中でも似たような質問をする子はたくさんいます。

(twitterより)

ていうかそもそも受験勉強すらしてないって人も少なくないようなので今回は、

  • 受験勉強は何をすべきか
  • どれくらい勉強すべきか
  • 効率の良い勉強法とは?

志望校合格の為に何をすべきか具体的に書いていきますので、ぜひこれからの受験勉強に役立ててください。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”studyi.png” name=”高橋”] 今から受験勉強始めてもまだ間に合う[/speech_bubble]

 

受験勉強は何をすればいいの?

夏までの受験勉強は、【最新版】失敗しない受験勉強法まとめの記事でも公開していますが、基礎固めと復習を中心にやるべきです。

ですが夏を過ぎあと数ヶ月と迫ってるなら、入試問題を解いてみる

これを真っ先にやってください。

  • 自分の実力はどれくらいか
  • どんな問題が出るのか
  • 自分はどの単元が苦手か

を知るちょうどいいものさしになります。

(ただめっちゃ点数は低いと思うので覚悟しておいてください。)

入試問題が無ければ、本屋かアマゾンなどのネットショップでも見つかるので見つけて解いてみましょう。

(amazonより引用)

1000円ほどで自分の県の過去の入試問題も買えるのでオススメです!

大事なのは、自分がどれくらいできるか、苦手なとこはどこかを見極めることです。

ここで、

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”nayami.png” name=”悩める中学生”] テストまじやべぇもう受験無理だわ…[/speech_bubble]

って決して諦めないことです。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”studyi.png” name=”高橋先生”] 過去問を初めて解いて悪いのは当たり前![/speech_bubble]

なんで結果はそれほど気にしなくてOKです。

  • 入試問題を解いて実力を確認すること

これが真っ先にやるべきことです。

 

受験勉強は何をすればいいの?part2

入試問題を解き終わったら、必ずといっていいほどしなきゃいけないことがあります。

それは丁寧に解き直しをすることです。

むしろ、、

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”studyi.png” name=”高橋先生”] 解き直しをしないくらいならテストを解かない方がマシ[/speech_bubble]

っていってもいいほどです。

「テスト終わったぜー」ってポイッとテストをほったらかしてしまう中学生は100%成績が伸びません。

解き直しのやり方としては、

①間違ったところを見直し、何故間違えたのかチェックする

・計算ミスや勘違いして覚えてるところはないか?

・問題文に応じた答え方ができているか?

②解説をよく読んだ後、答えを見ないで自分で解いてみる

③自分が習ってない単語や公式があれば、調べてノートにまとめておく

これくらいは丁寧にやってください。

解き直しの目的は、「もう一度同じ問題を解いた時に90点以上取れるようにする!」ことです。

解き直しをやっておけば、次同じ問題が来ても当然解けるようになるので当然点数が上がります。

こうやって出来る問題を少しずつ増やしていくことが一番点数に結びつきやすいので、ぜひ実践してみてください。

 

受験勉強はどれくらいすればいい?勉強時間は?

もちろん勉強時間は志望校によっても、成績によっても多少変わってきますが、

まず伝えたい大事なことは、

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”nayami.png” name=”悩める中学生”] 何時間勉強すればいいの?何すればいいの?もうわかんねぇ[/speech_bubble]

って悩みすぎて全然勉強できないのが、一番ヤバイです。

結構真面目な人ほどつい考えてしまい、いつの間にか時間が経ってしまいます。

そしてあぁ今日も勉強できなかったな、、、と悪循環に陥ってしまいます。

なので、まずはとにかく勉強することです。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”studyi.png” name=”高橋先生”]勉強の悩みは勉強することでしか解決しないからね[/speech_bubble]

で、

勉強時間を夏以降は何時間を確保すればいいかというと、

  • 平日→最低3時間
  • 休日→最低5時間

これが目安です。

もちろん志望校がとてつもなく高いレベルのとこを受ける人や今の成績では全然足りない人はもう少し勉強時間を確保しなければいけません。

でも目安として、

平日は最低でも3時間、休日だと5時間は机にかじりついて勉強をしてもらいたいです。

受験は誰にとっても大事なイベントなので、当然あなたの周りの受験生も勉強しています。

周りの人も口では「してない、してない」と言っていても実際は何時間も勉強してることが多いです。

名前を書いて通れるくらいのレベルの高校を受験するならまだしも、競争率の高い高校を受験するわけですからライバルである受験生は必死に勉強しています。

ライバルに負けず志望校に合格するためにも、勉強時間は平日でも3時間、休日でも5時間は確保しましょう。

 

時間がない人のための効率の良い勉強法とは?

塾講師のような仕事をしていると、

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”nayami.png” name=”悩める中学生”] 時間が本当にないんです。効率の良い勉強方法ありますか?[/speech_bubble]

 

っていう質問をよーく聞かれます。

特に受験が迫ってるこの時期は、受験生が不安になることも多いです。

そんな不安から「この勉強で間違ってないかなー」とどうしても不安になりがちです。

ですから、今不安になってる受験生は何も特別なことではなくむしろ正常です。

で、

効率の良い勉強法とは、何かというと

1つ1つの勉強に制限時間を設けることです。

受験生を見ててもったいないと感じるのは、1つ1つの勉強に時間をかけすぎているということです。

例えば英単語を10個覚えるのに、時間設定をせず「覚えるまで」時間を使ってしまってます。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”nayami.png” name=”悩める中学生”] 私記憶力良くないから覚えるの苦手だし、、、[/speech_bubble]

っていう気持ちもわかりますが、制限時間を設定しないとどうしても時間を使い過ぎてしまいます。

人間というのは、不思議な生き物で

10分で英単語10個を覚えようとすれば、脳みそも10分で10個覚えるようはたらくし、

10個の英単語を30分で覚えようとすれば、脳みそも30分で覚えるようはたらきます。

逆に時間が無制限で10個の英単語を覚えようとすると、脳みそもダラダラ動きます。

つまり、

時間設定しないと、いつまでも時間を使い尽くすということです。

それに時間をかければかけるほど人は集中力をなくしてしまうので、時間を決めずに勉強をするのはめっちゃもったいないんです。

だから、数学を1ページ進めるでも英単語を覚えるでも、社会の教科書を読むでも、何をするにしてもタイマーを使って制限時間を作ってください。

とにかくタイマーです。

タイマーがあると、時間に追われ適度にプレッシャーがかかるので集中力も上がりその分必死になるので勉強効率も当然上がります。

家になければ、スマホでタイマーと検索しアプリを使ってもいいですし

百均に行ってキッチンタイマーを購入するでもいいでしょう。

とにかく制限時間を作って勉強する

これだけでかなり時間効率は上がり、効率の良い勉強ができるはずです。

 

受験勉強はまだ間に合う

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”nayami.png” name=”悩める中学生”] 受験勉強とかもう時間ないし無理だわ[/speech_bubble]
[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”nayami.png” name=”悩める中学生”] 高校行けたらそれでいいし[/speech_bubble]

って思う瞬間もあると思うし、「もうやらねぇ」って投げたしたくなります。

勉強なんて全然楽しくないし、やりたくねぇって思うのは正常な反応ですよ。

別にやる気が出たって、次の日にはもう嫌だって言ってることもあるんですよ。

ただ、勉強に関して絶対的に言えるのは、

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”studyi.png” name=”高橋先生”] 必死にやれば成績上がる![/speech_bubble]

ってことなんですよ。

  • 僕は頭の出来が悪いんです…
  • もう時間ないから…
  • 別に勉強できても何の意味もねぇし…

って逃げちゃう人もいますが、

「頭の出来が悪いからってこれから何に対してもすぐ諦めちゃうの?」

「時間がないって本当に?勉強する時間1分もないほど忙しいの?」

「じゃあ意味があれば頑張れるの?」

って聞いてみるとみんな言葉に詰まります。

つまり、頭の出来が悪いとかは嘘で、本心は

[speech_bubble type=”think” subtype=”L1″ icon=”nayami.png” name=”悩める中学生”] 勉強やらない理由が欲しい…[/speech_bubble]

だけです。

でもね、こうやって僕の記事を読んでくれてるってことは「勉強は嫌だけどやるしかない」って自覚できてる賢い人なので、一緒に頑張っていきましょう。

あと2ヶ月だろうが、1ヶ月だろうが受験勉強は間に合います。

必死でやれば必ず結果は出ますよ!

こちらの記事↓↓も読まれてるのでぜひ参考にしてください。

【やる気が出ない】を即解決!今すぐできる勉強のやる気を上げる7つの方法