【期末テスト対策】テスト直前にできる70、80点を確実に取る勉強法

「期末テストは教科多すぎて何すればいいかわからない」って質問は

この時期に、教え子に100%聞かれます。

そんな期末テストで確実に7割、8割は点数を取るための方法をお教えします。

 

課題は遅くても1週間前までに終わらせる

教え子には、毎回言い聞かせてるんですが、

課題は最低でも1週間前までに終わらせないとやばいです。

点数が30〜50点台の子(もしくはそれ以下の子)に共通するのが、

「課題のワークがいつもギリギリに終わっている

ということです。

逆にテストの点数が上がる子は、課題を早く終わらして

テスト当日までにワークを3周くらいはは必ずしています。

厳しいかもしれましれませんが、それくらいやれば必ず効果は出ますから。

課題は最低でも1週間前には終わらせる

 

単語や漢字、確実に出るとわかっている問題を100%できるようにする

教科によっては、確実に出るとわかってる問題がありますよね?

  数学なら計算問題、英語なら英単語もしくは2語以上の連語、

国語なら漢字や文法、理科社会なら先生が「テストに出る」といった問題

そこを100%取れるように勉強するんです。

いいですか?100%ですよ?

確実に取れる問題の勉強はみんなやってるのですが、

実際に当日になると点数を何問か落としたりします。

英単語でも8、9割覚えて満足してたりします。

でも、

「確実に出るとわかっているところは絶対に、100%答えられるようにしろ」

ということを今回言いたいのです。

これは先生側の話ですが、

先生もテストで点数を取って欲しいので

先生は、勉強してたら誰もが点数が取れる問題を用意しています。

出来るだけ10点、20点台を取る生徒がいないよう調整してたりします。

「ここはテストに出るよ」と先生が言うのは、

「ここはテストで出すから、点数ちゃんと取ってくれよ!」ということでもあるのです。

そこで100%取れるよう勉強してください。

だいたい覚えたではなく、”絶対これが出れば解ける”レベルにしておきましょう。

計算問題、英単語、漢字など出るとわかっている問題は

100%に取れるようにする!

 

時間をかけずに”いかに数をこなすか”←これが一番重要

 

これがめちゃくちゃ重要で、

これを変えるだけで勉強時間は同じでも、覚えられる量が倍以上変わってきます。

特に期末テストでは1教科にかけられる時間が限られてますよね。

だからこそ、短時間で多くの量を覚える必要があるのです。

そのためには、基本的に1用語(または1単語)を

1秒で答える→次の問題→1秒で答える→次の問題→1秒で答える→次の問題…

この1秒のスパンで繰り返すのです。

「いや1秒では無理ですよ、、、」って思われるでしょうが、

問題見て1秒で出てこないなら10秒考えても30秒考えても出てきません。

1秒で答えられない=しっかり記憶できてないということです。

1秒は不可能でも、それくらい反射的に答えられる練習をしましょう。

英単語でも20個をじっくり時間をかけて覚えようとすれば軽く30分はかかるでしょう。

でも、この1秒記憶法を使えば

単純計算で20個の単語を10周しても200秒つまり4分ほどでこなせてしまうのです。

 

10周で覚える具体的なやり方

①1度20個の単語の意味とスペルを覚える。

②1秒記憶法で1周やります。その時答えられなかった問題にチェックを入れます。

③これを3週やります。

あとは、歯磨きの時間やトイレの中、

ドライヤーを当ててる時間や休憩時間の20秒で1週できるので

時間をかけずに楽に覚えることができるのです。

やってみてください。いつの間にか頭に入ってますから!

1秒なんて無理ですよ、、、

っていう前にやってみてください。効果ハンパないですから。

この方法で

前回の中間テストであまり時間かけずに英語のワークを10周ほどして

英語が苦手な子が80点取った事実もあります。

これは、英単語だけじゃなく、

歴史の用語、理科の問題でも使えますし、

数学でも1秒で問題の解き方を思い出せるか、ってことをやるだけで解き方を覚えることができるので

すべての教科で使うことで、勉強の効率をぐっと高めることが可能になります。

とにかく

・短時間で多くの量を覚える

・1秒で答える1秒暗記法を使う

これを使えば、テスト対策が遅れてる今でも間に合うので

ぜひ活用してください。